INTERVIEWS

- 募集要項 -


株式会社山清片山を支える社員の生の声をお届けします

足立 詩邦里
部署:経営管理部
入社年度:入社2年目

01.

京都から静岡に

大学を卒業後、専門学校と高校で、実は講師をしていたんです。 そんな中、結婚を機に静岡を離れ、主人の仕事の関係で、京都で服屋さんをやっていました。
京都では日々、忙しい暮らしだったのですが、「いつかは、自分の地元の静岡に戻りたいな」と思ってたんですね。
そんな中、会社を経営していた地元の親戚から、「仕事、手伝って欲しい」という依頼が、ちょうどリーマンショックの時にあったんです。これから景気はどうなるか、先行きが読めなかったこともあって、その親戚のお誘いを受けることにし、静岡に戻ってきました。
親戚の会社で数年、仕事をお手伝いさせていただき、やっとそれが落ち着いた時、地元で働きたいと思ったんですね。
働く先を探そうと思った時、当然ながら地元の友人や親に相談したりしましたが、それと同時に職業安定所でも相談をしていました。仕事をする上で、やはり子どものこともあり、主人の仕事のこともありますので、基本的には土日にお休みをいただけ、勤務時間も毎日、決まった時間に仕事が終わる会社、ということで企業を探していました。そんな中、山清片山が社員募集をしている、ということを知りました。実家がもともと本社の近くで、以前から何度も本社前を通っていて、会社名は知っていたんです。地元の会社だし、歴史もある。何より勤務時間が一定なので、仕事と家事や育児の両立もしやすそうと思いました。そして応募することに決めました。

02.

面接らしくない面接

面接当日、会社に来たのですが、応募している人がたくさんいて、正直「受かるの、難しいかも・・・」と思いました。ただ、せっかく応募したので、面接はしっかりと受けようと思いました。
実際に面接の際、いきなり社長にお会いしたんですが、とにかく社長がずっと笑顔で、とにかく親しみやすかったんですね。すごく話しやすい雰囲気をつくって下さって、何だか面接じゃなく、お話しに来たような感覚で面接が終わりました。いろんな会社の面接を過去、受けたことがありますが、こういう面接は初めてでした。
更に面接を受けるまでの間、会社の中をいろいろと見せていただいたのですが、何だか職場の雰囲気がアットホームで、明るいんですね。雰囲気も良かったですし…。「もし、内定をいただいたら、是非この会社で働きたい」という気持ちでした。
そして数日後に、内定の連絡を頂きました。
ホント、嬉しかったですね。

03.

若い社員が多く、すぐに馴染むことができました

入社後、早速先輩から仕事を教えていただき、業務の引き継ぎをおこなっていましたが、本当にどの先輩も丁寧に教えて下さるんです。「こんな親身になってくれる社員さんがいる会社なんだ・・・」と思いました。おかげさまで、スムーズに仕事を覚えることが出来ましたし、会社の雰囲気にもすぐに馴染むことができました。
会社の中は30代の、同じ世代の人たちが多く、仕事の話だけじゃなく、プライベートな面も含めて、本当に話しやすいですね。仕事で何か行き詰った時も、遠慮なく周囲の人に相談できますし、社員みんながあたたかい人ばかりですね。だから本当に働きやすいです。
そして仕事を結構、任せてもらえるんです。範囲を明確にして、「これをやって下さい」という感じで・・・。
任せてもらった仕事をやり切った時は、本当にやりがいを感じますね。でも、やっぱりそういうことを感じられるのも、会社の雰囲気が良いからだと思います。おかげさまで楽しく働くことができ、公私共に充実していますよ。

2016.11.8


OTHER INTERVIEWS

- その他のインタビュー -

浦田 康裕
部署:建築資材課 提案 営業部
入社年度:入社4年目

READ MORE >>

足立 詩邦里
部署:経営管理部
入社年度:入社2年目

READ MORE >>